遺言の書き方の方法です

遺言。
私にとってこの遺言はとても深い意味があります。
この年になって、もうそろそろ遺言を用意しておいてもいいかという年頃になりました。
健康面でもいつまでも若々しくない年頃を痛感しています。
ですので、残すことで後に残された家族の為に記載しておきたいと思います。
遺言は実際には、記載したことがあり、簡単に誰でも記載することが可能です。
簡易方法から、ちょっと凝った文章まで作成することが出来ます。
そこで、私は簡単な文章化をした文章を作成することにしました。
家族宛てに書いたものです。
残された家族の為に自分の財産を譲れるようにした文章です。
兄弟や姉妹、両親あてに残しました。
又、実際に記載して自分の命が無くなる日まで大事に残しておきます。
永遠に保管されやすいように工夫した封筒に封をしておきました。
色々な思いが詰まった文章でなく残された家族が見て納得できる文章としました。
永遠の遺産や財産をお互いに分配してくれるようにという文章も追記して家族皆平等に遺産や財産を分け合うようにしておきました。
又、永遠の物ですので、簡単に他人に渡すことのないように大事な場所へ保管することも大事です。
明日の事は誰も予想できないし、若いからまだ大丈夫等、言い切れないので、こっそりと遺言を記載しておきました。
何故なら、いつ交通事故に遭遇するかもしれないし、又、いつ病気でなくなるかもしれないし、どこでどんな環境となるかもしれないのが現実社会です。
そう思うと早く用意しておきました。
まだ若いという観念を捨てて、重要さを認識しました。
人生の最後の時に見てもらえばいいかという思いで記載しました。
最後の時とは、どのような状態になっているか分かり得ないものです。
そこで、早すぎるという程、年齢的にもまだという年齢でいいと思います。
できれば、簡素に記載すると的確な内容となって意味が活きてきます。
誰もが見れるし、誰が見るかわからないものですので、丁寧に的確に誰宛てとしたいか明確に記載するととても分かりやすい文章となります。
又、簡素に分かりやすく記載する方が的確となってきます。
残された家族の誰かに見られるという事を頭に置いて書いた日付を明確にしておきました。

Copyright 2013 ゆいごん.com All Rights Reserved.